【春夏用インナーウェア】速乾性に優れたモンベルのジオライン クールメッシュ

投稿日:2015/07/13 更新日:

夏を快適に過ごすためにはインナー選びが大事だと気づかせてくれたモンベルのジオラインクールメッシュ。現在は春夏のルームウェアのインナーとして着用しています。

春夏アンダーウェア遍歴

ユニクロ サラファイン(現エアリズム)
無印良品 涼感アンダーウェア
インナーなし
モンベル ジオラインクールメッシュ(2015年夏、2016年夏)
パールイズミ クールフィットドライUVロングスリーブ(2017年夏以降)

2017年夏以降は自転車ウェアメーカー「パールイズミ」のクールフィットドライUVロングスリーブを愛用していますが、夏のインナー選びの大切さを教えてくれたのが、モンベルのジオラインクールメッシュです。

昔は安さ重視のユニクロサラファイン(エアリズム)や無印良品の涼感アンダーウェアを着用していたものの、インナーを使用しないほうが涼しいと感じ、インナーを着用しない時期がありました。しかしそれでもシャツ1枚だけだと暑さに限界を感じ、夏用のアンダーウエアを検討することになりました。

夏用アンダーウェアを検討したきっかけ

スマホ位置情報ゲームの「ingress」にドハマリしていた時期、夏場でも毎日数時間街中を歩き続けていました。多少の外出ならば少し汗をかく程度で済みますが、数時間も歩いていると大量の汗がシャツに付着し、不快なだけでなく汗ジミが目立って困った状況になりました。

そこでふと、以前モンベルの秋冬用アンダーウェアを購入しとても満足したから、夏用のアンダーウェアもあることを知っていたので、試しに着てみることにしました。

ジオラインクールメッシュの速乾性は抜群!

着心地はメッシュ構造になってるので、はじめは違和感を感じたものの、慣れれば気になるような構造ではありません。汗を大量にかいているはずなのに、エアリズムの時のようにベト付き感がほとんどありませんでした。シャツに汗ジミすることも防げ、見た目の問題も解消。シャツ1枚で過ごすより涼しく感じるのは、素材・構造のおかげもあるけれど、速乾性が高く汗の不快感が少なくなったことが大きな理由でした。

Uネック長袖が無かったのでパールイズミのクールフィットドライUVロングスリーブ(長袖)に変更しました

モンベルのジオラインクールメッシュシリーズで十分夏のインナーとして満足していたものの、1点だけ欠点、それはUネック長袖タイプがないことです。ラウンドネックの長袖ならあるんですが、シャツのボタンを開けていることが多く、インナーが見えてしまうのを防ぐためにどうしてもUネックタイプでなければいけませんでした。また、半袖だと腕の部分が汗をかいた時、シャツにそのまま汗がひっついて不快感マックス。半袖ではなく長袖がどうしても欲しくて、モンベルからUネック長袖が出ていない以上他メーカーで探す必要があり、パールイズミのクールフィットドライUVロングスリーブを愛用するようになりました。

夏のインナーにパールイズミのクールフィットドライUVロングスリーブを使っています

自転車ブランドの自転車用インナーを普段用インナーとして使っています。

-私服の制服化
-,

Copyright© 一語一絵 , 2018 All Rights Reserved.