豊臣時代の大坂城石垣を観に行って来ました

投稿日:2014/03/07 更新日:

豊臣時代の大坂城の石垣が一般公開されるときいて、早速観に行って来ました。

現在大阪城の石垣は徳川時代のものです。ちなみに天守閣は三代目、昭和時代に復興されたものです。

豊臣時代の大坂城は夏の陣によって落城、天守も消失、石垣のある地盤は埋め尽くされ、新たに徳川政権が再築した石垣が現在のものです。

豊臣時代の石垣は全て地中に眠っており、大坂夏の陣から400年と言う節目に再び豊臣時代の石垣に光をあてよう、と豊臣石垣公開プロジェクトが動いており、今日から日曜日まで、その初代石垣が一般公開されています。

豊臣時代の石垣は今回公開された場所ともう一箇所存在が明らかになってる場所があります。
普段はやはり見るとが出来ません。

昭和34(1959)年に発見された石垣

今回公開されたのは昭和59(1984)年に発掘されたものです。金蔵の東側に存在します。
地中に眠っていたため、保存状態はとても良いそうです。

またこの時代の石垣は野面積み(石を加工せず自然の状態で積み上げたもの)と言う古い技術が用いられ、しかし当時としては最先端であろう算木積み(コーナー部分を長方体の大きな石で90度ずつ交互に積み重ねることで強度が増す。関ヶ原以降に完成された積み方と考えられている)も見られ、まさに天下人豊臣秀吉の「三国無双の城」にふさわしい石垣であり、それが保存状態の良い状態で見れるのはとても幸運なことだと思います。

当時はありとあらゆる使える石を集めることは戦と同等なようなものであり、今回公開された石垣部分もその様子が伺えます。

なんと、奈良時代の建築物に使われていただろう柱の基盤の石や石臼まであったりします。これにはビックリしました。

地下に眠る石垣。一般公開では地上から観るだけになってしまいます。残念。しかし豊臣石垣プロジェクトがが成功すれば真横から見れる、かも!

写真を撮るにはポジションが大切でした!

石臼や柱の基盤だったもの

日曜日まで一般公開されているので是非是非〜。

参考大坂城豊臣石垣公開プロジェクト|太閤なにわの夢募金

大阪城の重要文化財「乾櫓、焔硝蔵」、「謎の石垣」の特別公開を見に行って来ました

11月15日から20日の間、5年振りに西の丸庭園内にある乾櫓と焔硝蔵、天守閣前本丸広場にある豊臣時代の大坂城の石垣遺構が特別公開されているので見に行って来ました。

-お城めぐり
-,

Copyright© 一語一絵 , 2018 All Rights Reserved.