まほろば大仏プリン本舗のプリン

投稿日:2012/05/15 更新日:

奈良のお土産に買って帰った大仏プリンを食べてみました。

前々から気になってた大仏プリンにようやく出会えました。と言っても、大阪に帰る間際になって駅前のお店を視界に捉え、慌てて買って帰ったわけなんですけどね(苦笑)。

この日、奈良には近鉄奈良線でお出かけしました。帰り際、「あ、奈良漬買い忘れてるよ」と思い出し駅前のおみやげ売り場で売ってないかなぁとウロウロしてたら目に入ってきた大仏さん。「あ!大仏プリンだ!」と奈良漬そっちのけで大仏プリンを買うべくお店に並びました(奈良漬はまぁ手に入りやすいですし・・・)。やはり奈良のおみやげ名物だけあって、先客も3組程いらっしゃいました。

4つ購入。プレーンのカスタード味と、大和茶味、地酒味です。これらは小サイズと一般的なサイズのプリンですが、大サイズと言うのもあります。めちゃくちゃデカイです。デカプッチンプリンの「Happyプッチンプリン」よりも大きいかな?大サイズはだいたい5人前あるそうです。小サイズのプリンのお味の方はカスタード、大和茶、地酒以外にレアチーズ、ショコラ、カプチーノもありました。
グッズも色々売ってましたよ。Tシャツや、保冷バッグ、クリアファイルやステッカー、マスキングテープなど色々ありました。
また奈良に行った時には食べてないお味を買って全制覇したいなぁ、マステ買いたいなぁと思ったり。

普段、(洋)菓子店でプリンを買って食べるってことがなくって。私の中でプリン=プッチンプリンの方程式がありました。プッチンプリンが今まで基準だったので、それに比べるととってもなめらかでクリーミーでした。あまりに柔らかすぎて「これがプリン?」って思っちゃったくらいです(笑)。

大和茶の方はお茶の緑っぽい色が出ています。大和茶には底にあずきも少し入っていました。地酒はやっぱりほんのりお酒の香りがしてきました。

そしてもう一つ。和紅茶の茶葉も売っていたので買って帰りました。今まで一度飲んだことのあるやまと和紅茶。その時は、「オーガニック系の雰囲気」と言う印象があったのですが。今回は「中国茶葉に近いかな」と言う印象を受けました。

以前より紅茶の味わいも少し分かるようになって今回和紅茶を飲んでみて。中国茶葉のキームンにどことなく似てる感じがしました。キームンに似てるけれど、キームンほどクセが強くない感じです。インド、スリランカよりも中国茶葉に雰囲気似てるなぁ、って。

あまり和紅茶を飲む機会がなかったのですが、紅茶の産地による味の違いが少しずつわかってきた今、和紅茶も飲み比べしたら面白そうだな、と思いました。

2012/05/28追記
奈良に再び行ってきたので、「まだ食べていないお味を買おう!」と思い、大阪に帰る前に、駅前で購入しました。

残念ながら今回でも全制覇ならず。カプチーノとショコラとモンブランです。ショコラは前回のお土産に買ったのですが、リクエストが出てたため購入。

カプチーノは二層になってました。甘くなくてちょっとオトナな仕上がりのテイストで美味しかったです。

ちょっと驚いたのが、白い鹿のプリン『モンブラン』。白いプリンの上にモンブランと生クリームかな?それに、金粉まで!プリンの底にはあずきがありました。お店で見た時は、上部にモンブランやクリームが乗っかってるって知らなくて、帰ってから蓋を開けた時に、「おぉ〜、贅沢!」って思っちゃいました。

白いプリンは特別な製法で作られているそうです。お味は、他の普通のプリンとはちょっと違う・・・。うう〜む、私は普通のプリンの方が好きかな。

参考まほろば大仏プリン本舗 トップページ

-暮らし
-,

Copyright© 一語一絵 , 2018 All Rights Reserved.