【脱・ウォーキングのマンネリ化】モチベーションを維持する方法を考えてみた

投稿日:

ウォーキングしてると飽きてしまったりつまらなくなってしまったり、モチベーションが低下する事もしばしば。ウォーキングを楽しく続けられるようモチベ維持について考えてみました。

一般的なウォーキングモチベーション維持方法

健康維持のためウォーキングをしていますが、時々ウォーキングがつまらないと感じてしまいます。

ウォーキングのモチベ維持に良い方法はないかとググってみると「歩数計を持ち歩く」「写真を撮る」「普段通らない道を通る」「アプリを使う」「散歩仲間を見つける」「音楽を聴く」など出て来ますが、

それもうとっくの昔にやったから!

ってなっちゃうんですよね。ググって出てくるモチベ維持方法は、ウォーキングが習慣化されてない初心者向きがほとんど。私はウォーキングが習慣化されているので、この程度のモチベ維持方法では正直物足りないんですよね。

ついでに私はソロウォーキング派。人とペースを合わせたり、ウォーキングの途中で休憩入れたりするのは好きじゃない。自分にあったペースで黙々とウォーキングしたいんですよね。

結局自分でモチベ維持方法を考えてみることにしました。

私が考えたモチベーション維持方法

モチベーションの維持って小さな変化をつけてその小さな変化を楽しむ事だと思う。

でも正直、小さな変化ってググって出てきたような内容の事なので、取り入れてしまった後だからもう物足りない。ここは大きな変化が必要。極たまに取り入れたい大きな変化について考えてみました。

ウェアを変える

ウェアを変えるだけでもテンションは上がります。私の場合、春夏・秋冬の2シーズンで変えているので季節の移り変わりをウェアと景色や気温で楽しむことが出来ます。モチベーションを上げるにはいい方法の一つです。

【春のウォーキングウェア 2018】今年は焼かない!日焼け対策と熱中症対策

寒い日、風の強い日、暖かい日と、体温調節が必要な季節の変わり目。歩いていると温かくなるのでインナーは春夏物用にシフトしましたが、風が強い日や寒い日もあるのでまだウィンドブレーカーは手放せません。

他種目に転向

ヨガやランニングなど全く違う種目に取り組んでみるのも有り。

私は去年の初夏熱中症でダウンしてしまい、長時間(2時間)出歩くのが良くなかったのかと、時間短縮で同負荷が得られそうなランニングを夏の間だけでも取り入れてみたいと考えています。

ただしランニング用品一式揃える必要あるんですけどね。種目転向の際は初期費用がかかるのが痛いところ。また準備はきっちりしないと怪我につながりかねないので、キチンと揃えてスタートを切りたいです。

イベントに参加

スポーツイベントはいい刺激になるでしょう。知らない場所に訪れ、同じ趣味の仲間と出会い、知識への追求にもなる

でもウォーキングのイベントって「100キロウォーク」「街なか歩き」を思い浮かべるんだけど、どっちも合いそうにないんですよね・・・。

100キロウォークはガチイベントです、ほんと。身体への負担は半端なく軽いノリで参加できるものじゃない。下準備は何ヶ月も前から必要で流石にここまでストイックにスポーツウォーキングしてないので参加することは今後もきっとないですね。

街なか歩きイベントは結構あります。大阪なら「大阪あそ歩」などが有名かな。

基本有料イベントです。「歩いた!」と言う達成感を得るようなイベントでもない。

2、3時間コースでガイドさんのお話を聞いて街の歴史などを知っていくのがメインで、ガイドさんの話は確かに有意義だけど、他の人とゆっくりペースになったり「たくさん歩いた!」って言う達成感がなさそうなのが私には合わないかな。あとやっぱりお金かかるのは、ちょっと、ねえ。

なので私はイベントに参加するよりイベントと同じコースをソロで歩く、がちょうどいい刺激になるかな。街なか歩きマップはネットでpdfファイル形式で配布されてることもあるので、いきなりイベント参加に不安なら、一度ソロで気になるコースにチャレンジしてみてはどうでしょうか。イベント参加後に合うなら時々参加してみたり、そのままソロで街なかウォーキングも楽しそうです。

まとめ

ウォーキングのモチベ維持に「ウェアを変える」「他種目に転向」「イベントに参加」の3つを考えてみました。

私自身は、ウェアは春夏・秋冬に替え、ランニングの取り入れ、イベントコースをソロで歩いてみようと思います。

-エクササイズ
-

Copyright© 一語一絵 , 2018 All Rights Reserved.