骨格ストレートの私が着なくなったリネンシャツは一先ず処分せずルームウェアにしています

投稿日:2018/03/17 更新日:

骨格ストレートの私にとってリネンシャツは取り入れにくいアイテム。着ぶくれ等が嫌で、すっかり着なくなりました。処分するほど傷んでいるわけでもないので、部屋着として使っています。

これまでド定番だったリネンシャツ

少なくとも2012年あたりから無印良品のリネンシャツは私の定番品としてオールシーズン愛用していました。

しかし骨格診断受診後、ストレートの私にリネン素材は似合いにくく、実際取り入れるのは難しいと感じるように。ストレート向きのコットンブロードシャツを着るようになってからは、すっかりリネンシャツを着なくなってしまいました。

しかし似合わないからと言ってリネンシャツをすぐに手放してしまうのも勿体無い。そんなわけでルームウェアに取り入れました。

外出用ワードローブのド定番だった3着全てルームウェアに

冬のルームウェア2017-2018を紹介

今まであまりルームウェアについて書いてきませんでしたが、ルームウェアも私服の制服化にしてミニマムに揃えています。

今年の冬のルームウェア

麻平織 割烹着(無印良品)
ウィンドブレーカー(アンダーアーマー)
裏起毛パンツ(ノーブランド)
スーパーメリノウール M.W. ラウンドネックシャツ(モンベル)
リネンシャツ(無印良品)
EVAボストン(ビルケンシュトック)

割烹着は洋服並みによく着ています。エプロンより割烹着が好きですね。水仕事や料理をする際、エプロンより広範囲にカバー力ありますからね。

元々リネンシャツワンピースをルームウェアとして着用していましたが、この冬ウィンドブレーカーをルームウェアとして着るようになり、シャツワンピースだと丈の長さのバランスがちぐはぐになって困っていました。リネンシャツを着るようになってからはシャツワンピースは一旦お休み。また夏頃になれば使いやすいアイテムとして復活かな?

私服の制服化が完成したミニマリストの全ワードローブ大公開(2018年3月21日アップデート)

骨格診断ストレート、パーソナルカラーウィンターのミニマリストの洋服一覧を紹介します。

春から初夏のワードローブ計画 2018

春夏物はワンシーズン使い切りアイテムが多く、毎年買い直しています。私の定番品は決まっているので何を買うか悩む事もなく既に買い物リストは出来上がっています。

ルームウェアも私服の制服化へ

これまで私服の制服化は外出時用のワードローブを指して考えてきましたが、ルームウェアも適当なものを着るのではなく、お気に入りのリラックスウェアで揃えたいと構成を見なおしてみました。

モンベル ジオラインクールメッシュ(半袖)はルームウェアのインナーとして着用中

2年前から使用しているモンベルのジオラインクールメッシュ。最近はパールイズミの長袖インナーに取って代わり、クールメッシュを着なくなってしまいました。しかし処分するのは勿体無く、ルームウェアのインナーと ...

夏のインナーにパールイズミのクールフィットドライUVロングスリーブを使っています

自転車ブランドの自転車用インナーを普段用インナーとして使っています。

-私服の制服化
-,

Copyright© 一語一絵 , 2018 All Rights Reserved.