Sparoma 空気清浄機 CF-8005のフィルターを交換してみた結果

投稿日:2018/03/13 更新日:

空気清浄機は視覚的に効果の程が分かりにくいアイテムのためファーストインプレッション後は記事を書けないでいましたが、フィルター交換する今、ようやくその真価が問われる時が来ました。

Sparoma 空気清浄機 CF-8005を使い始めてみた感想

空気清浄機デビューしました。国内の大手メーカーではなく海外のメーカーの物を購入しました。多機能でなく、サイズも小さく、加湿器無しの空気清浄機を探してSparomaを選びました。

Amazonで交換用フィルターを購入

空気清浄機本体もAmazonで購入しましたが、フィルターも同じくAmazonで購入しました。

本来は半年に一度の交換ですが、チラッと本体横からフィルターを覗いた時「汚れてない?」と思い慌てて交換してみることにしました。

交換手順も簡単

元々この空気清浄機自体がシンプルな作りなので交換手順も非常に簡単です。本体のカバーを開けて、フィルターを引っ張って取り出し、新しいフィルターをはめるだけ。たったこれだけです。

フィルター

空気清浄機本体の前側のカバーを開ける

交換後

【閲覧注意】フィルターの色違いすぎるんですが(汗)

空気清浄機の良し悪しは、動作音や電気代と言ったことも気になるポイントですが、何より本当に空気が綺麗になっているのかどうかが一番大事。

とは言え目に見えない空気が綺麗になってるかどうか判断出来ないものですが、フィルター交換時は話が別です。この時こそ空気清浄機の真価が問われる時!フィルターが汚れていれば汚れているほど力を発揮している証拠。

ということで4ヶ月使用のフィルターと新品フィルターを比較してみました。

カバーを取り外した直後

「なんかでっかい埃引っ付いてる・・・(汗)」

左:4ヶ月使用フィルター 右:新品フィルター

デカい埃の塊が・・・

フィルターの色がグレーなのでちょっと分かりづらいですが埃が引っ付いるのが確認できました。

「ひえっ。めっちゃ黒い」

左: 4ヶ月使用フィルター 右: 新品フィルター

色が違いすぎる・・・

そしてフィルターの反対側を見て驚愕。色が全然違う。

結論「ちゃんと空気清浄機能してた」

部屋の空気の汚れ具合、稼働時間でも変わってくるものかと思いますが、空気清浄機の意味が理解できるほどには違いが分かりました。これからの季節は花粉の影響があるので日中によく稼働しそうです。

-暮らしの道具
-

Copyright© 一語一絵 , 2018 All Rights Reserved.