ミニマリスト的私服の制服化 たった1パターンで済む冬コーディネートが完成

投稿日:2018/02/15 更新日:

少数精鋭・私服の制服化を目指しはじめて5年。2018年冬バージョンで、ミニマリスト的理想の冬のワンコーデが完成しました。

理想のミニマリスト的コーディネート

私の理想は故スティーブ・ジョブズのスタイルです。1種類のコーディネートでずっと過ごしたい。

ずっと同じコーディネートを着続けることは、毎朝なに着ようと悩むこともなく、流行りに左右されることもなく、私らしさが表現出来ると信じています。

冬のワンコーデが完成!

理想はジョブズのようなコーディネートですが、日本では流石にあれは無理とも思っています。日本の四季にあいません。そこで3シーズン若しくはオールシーズンを目指したコーディネートを考えてきましたが、今シーズンとうとうミニマリスト的ワンコーデが完成しました。

この冬はほぼこのコーデ一つで過ごしました

チェスターコート・紺(ADAM ET ROPE')
オーガニックコットン洗いざらしブロードシャツ・白(無印良品)
レギパン・黒(ノーブランド)
サイドファスナーポケット付ポリエステルリュックサック・黒(無印良品)
革製中折れ帽子 ・黒(CA4LA)
ミトン・茶色(無印良品)
ボーダー靴下・白紺(tutuanna)
EVAボストン・黒(ビルケンシュトック)
ジオライン L.W. Uネックシャツ ベージュ、黒(モンベル)

骨格ストレート×パーソナルカラーウィンターを取り入れつつ、ミニマリズム精神に則り必要最低限なアイテムで構成されています。正に私が目指したワンコーデの完成形です。

体温調節はインナーで

アンダーウェアはモンベルのジオライン L.W. Uネックシャツを着用しています。本当はもう一つ厚めM.W.(中厚手)のが良かったんですがUネックの形はL.W.(薄手)しか無いのでちょっと寒さは我慢。シャツにひびかない色と形は気に入ってました。

ミニマリスト的コーディネートの際、所有枚数は少数に抑えるため体温調節はインナーにかかっていると思っています。インナーはケチケチせずしっかり防寒・防暑対策の出来る素材・厚さの物を選びたいところですね。

ストールマフラーは我慢して無し

骨格ストレート的にストールマフラーなど首回りをごちゃつかせるとバランスが悪くなってしまうため寒くても我慢して着用しませんでした。今年の冬はとにかく寒かったので、ストールマフラーが無いと辛いかと思いましたが何とか乗り切れたことで、来シーズンも無くても平気そうだと思っています。

EVA素材が優秀

靴はビルケンシュトック愛用者ですが、ビルケンの靴は一般に雨に弱い為、レインブーツを別途所有していました。しかし今は丸洗い出来るEVA素材のボストンが雨の日でも晴れの日でもいつでも履けて、この冬はこの一足だけで過ごすことが出来ました。

そろそろ完成形が見えて来る?

冬のミニマリスト的ワンコーデは完成しました。しかし先述した通り日本には四季があり、季節にあった洋服選びをしなくてはいけません。私服の制服化を考え始め5年経ち、どうやらそろそろ完成形が見えて来る頃のようで、春夏バージョンのワンコーデもある程度頭の中で出来上がっています。やはりポイントとなるのはインナーかな?

no image
少数精鋭・私服の制服化のメリットとコツ

毎日なに着ようかと悩むのも時間を掛けるのも嫌。収納場所もない為、衣類の枚数を減らし私服の制服化を進めています。私の実践方法を紹介したいと思います。

この冬をパンツ1本で過ごせたのでミニマリスト的私服の制服化が加速する予感がします

この冬、ボトムスは薄手のイージーパンツ一本で越せたと言うのは意味が大きい。だってもうボトムス増やさなくてもいけるってことだよね?!

ミニマリスト的私服の制服化 2017年冬シーズンはたったの2パターンで完成

最近は物欲に負けて色々購入して物が増えてる状態ですが、衣類に関してはあまり増えていません。今冬季の私服の制服化も順調そのもので2パターンだけで済んでいます。

私の年間ワードローブ計画始動

季節や流行に左右されず、1年スパンで洋服選び・枚数管理することで私服の制服化をすすめたいと思いますこの考え方をした初期の頃の、洋服選びの基準、所有枚数、データ管理の仕方を書きました。

-私服の制服化
-, ,

Copyright© 一語一絵 , 2018 All Rights Reserved.